ブーログ › 性教育の大切さを伝える 現役助産師・岩本知帆のブログ › 

妊娠したいとき妊娠できることの大切さ。

2020年06月02日 12:40  

妊娠したいとき妊娠できることの大切さ。

幸田町、岡崎市、西尾市、蒲郡市に出張専門で産前・産後のケアを中心に開業していますさくらんぼ助産院の岩本知帆です。

もし、ご自身の体調でお悩みがあれば今の生活内容を見直してみてください♪
どうしたらよいのかわからない、困っている方はさくらんぼ助産院へご相談くださいね( ^ω^ )
さくらんぼ助産院のメニューはこちら


今日は私の活動の原動力となってる思いを書きます。

それは『望まない妊娠をなくしたい!!』
不妊大国の日本ですが、中絶される方も凄く多いのが現状です。
産婦人科にて日々、中絶希望の方が受診されます。
理由は様々ですが、一番は『望んだ妊娠ではなかったから』

では、なぜ望んでないのに妊娠してしまったのか?
答えは簡単です。
『正しい避妊方法をしていないから』

まれに、正しい避妊方法でも失敗してしまってという場合もありますが、それは本当にまれで、
大半の方は正しい避妊方法が出来ていない。

妊娠を望まないのになぜ正しい避妊方法をしていないのか?

それは、正しい避妊方法について学ぶ機会がないから。
助産師は『避妊方法』を学校で学びますが、義務教育の中で正しい避妊法について学ぶ機会はほぼありません。

皆さんは避妊方法をどこで誰から学びましたか?
先輩からとか何となくこんな感じでと避妊具を使用していませんか?

女性の方は避妊を男性任せにしていませんか?
あなたのパートナーは正しい避妊方法を知っていて実施できていますか?

大分古いですがこんな本もあります。『避妊方法のすべて』


また、避妊のリーダーシップを取るのは自分の生理周期を把握できている女性です。
女性の皆さん、コンドームの正しい選び方と使用方法を知っていますか?
本気で妊娠を望まないなら男性任せの避妊だけでは足りません。

コンドームの正しい選び方は


望まない妊娠をして身体的にも精神的にも傷つくのは女性です。
予期せぬ妊娠をしてしまうお子さんは夜遊びをしていたり非行と言われるような行動をしているような子ではありません。
普通に学校に通い、学校でも特別目立ったことはないいわゆる普通な子です。


10代のお子さんが、誰にも相談できず不安の中、人知れず一人で出産。
生まれた赤ちゃんをどうしたらよいかわからず遺棄してしまったらもうその子は犯罪者になってしまうんです。

そんな辛い出産をなくしたいしそんな辛い出来事をなくしたい!!
そうなる前に私達大人が出来ることは沢山あります。

初期の段階で親御さんに相談が出来て、中絶という選択肢を選ぶこともその一つですが、根本的な解決にはなりません。

根本的な解決は性といのちについて・正しい避妊方法を子ども達に教えること。日本では、タブーな感じがあり家庭でほぼ伝えられないのですが幼い頃からしっかりとお母さん・お父さんからお子さんに『性について・いのちについて』を家庭で話していくことが大切です。

しっかりと知識がある子供は安易にセックスはしません。
『寝ている子を起こすから教えないでほしい』という方がおられますが、この情報化社会。お子さんは安易に性に触れれる状況です。
大人のまだ早いは子どもにとっては遅いことに気づいてもらいたい!!

情報が溢れているからこそ、正しい知識を変な情報に触れる前に伝えてあげることがその後のお子さんの健康に繋がるんです!!

性教育は一回で終わりではありません。
年齢に合わせて知識を積み重ねていくことで、親から手が離れた時にきちんと正しい情報を自分で選んで生きていけます。
現在の学校教育任せでは『うちの子は大丈夫。』はないです!!

お子さんがいる親御さん、あなたのお子さんはからだや心の不調や変化を素直に親御さんに相談してくれますか?

10歳以上の息子さんを持つお父さん・お母さん、息子さんは女性の生理周期を理解していますか?正しい避妊方法を知っていますか?コンドームの使用方法を正しく理解できていますか?

10歳以上の娘さんを持つお父さん・お母さん、娘さんは自分の生理周期を把握できていますか?正しい避妊方法を知っていますか?彼にきちんと避妊をしてほしいと伝えられるお子さんですか?

そんな話は家庭ではしてこなかったから息子、娘がどれだけ理解しているのかはわからないと言うご家庭はまず、お子さんとからだや心の不調や変化について話題に出してみてください。
その先に性の話へと繋がっていきます。

からだや心の話はお子さんと出来ているというご家庭は性の話(精通や生理、セックスや避妊について)をぜひお子さんと話してみてください。

どんな内容から話したらよいのかわからない場合や話せる自信がない方はぜひ、親御さん向け性教育講座『我が子に伝えたい性教育講座せいりのがっこう』をご受講ください。 
助産師岩本 知帆が皆さんがご家庭でお子さんと性の話に困らないようにサポートさせて頂きます。

現在はオンラインで、コロナ対策支援価格にて開催しております。

詳しくはこちら


妊娠したいとき妊娠できることの大切さ。
妊娠したいとき妊娠できることの大切さ。





ご自身の体調や生理不順でお悩みの方はさくらんぼ助産院へご相談ください( ^ω^ )
さくらんぼ助産院のメニューはこちら




■我が子へ伝える性教育講座 せいりのがっこうを東海愛知新聞社に取材頂き5/5に記事になりました( ^ω^ )

妊娠したいとき妊娠できることの大切さ。







Posted by さくらんぼ助産院 助産師 岩本知帆(いわもとちほ) │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。